読書アウトプット/YOSHIKI/佳樹 (著者:小松 成美)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノンフィクションライターの小松成美が、長年の取材をもとにYOSHIKIの半生を描いた書籍です。

YOSHIKIの生い立ち、X JAPANの解散、hideの死、TOSHIとの確執から再会、そしてX JAPANの復活までを時系列でまとめており、YOSHIKIの「Art of Life」を垣間見ることができる作品です。

冒頭のhideの死から葬儀までの流れは、ファンならずとも涙なしには読めません。YOSHIKIはこの書籍発売ごろから、父親の自殺についても、公の場で語り始めるようになりました。

僕に、共通する部分が多いので、何度も何度も読んでいる本です。

ちなみに、X Japanや尾崎豊、坂本龍馬に影響され、 前回のブログにも書きましたが、僕自身、 高校を1日で脱藩しました。

当時から、X Japanばっかり聴いており、PATAのギターソロめっちゃ練習していました(^^)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*